スカルプケアの一番重要なポイントはずばりシャンプーの仕方です。

なぜならシャンプーで毛穴を詰まらせないことがスカルプケアでは大切なのです。

そこで、ここでは正しいシャンプーの仕方を紹介しましょう。

1.素洗い
髪の毛を頭皮から髪先までしっかりとぬらします。

これは素洗いともいいますが、思いの外これをしない人が多いんです。

なぜ乾いた頭皮に直接シャンプーをつけると良くないかというと、流しにくくなって頭皮にシャンプーの成分が残りやすくなる訳です。

頭皮に残ったシャンプーは痒みや痛みの原因になります。

髪をぬらすときは下を向いて後頭部からシャワーをかけると全体がしっかりとぬらせますので、是非試してみてください。

またロングヘアの場合だと頭皮がぬれているかどうかがわかりにくいので、頭皮の状態を確かめてくださいネ。

2.頭皮のシャンプー
シャンプーで頭皮を洗います。

爪を立て頭皮を傷つけては本末転倒です。

なので、指の腹でくるくると円を描く様にして泡立てます

そして毛穴の汚れをもみだすような感じで洗って下さい。

実はシャンプーの量はそんなに多くなくていいんですヨ。

シャンプーの基本それは頭皮の洗浄です。