カンジダ症の正体って何でしょう。

カンジダ症でかゆみが起こる原因は、カンジダ真菌によって膣炎が起きているからです。

一般に身体の中にある菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」という3種類に大きく分けられます。

普段は「善玉菌」である「カンジダ菌」が、カンジダ症の正体です。

その「カンジダ菌」が、免疫力が弱くなると悪い菌、つまり「悪玉菌」へと変貌するのです。

ただ治るとまた「善玉菌」として身体に常在する菌になる点が特徴です。

免疫が弱まるのはどういう時かご存じですか?

風邪を引いて長引かせてしまったり、病気になってしまったりした時はもちろんですが、長時間労働などでも免疫力が弱まることがあります。

睡眠不促も身体の機能を低下させますよね。

そういう状態になると、弱い粘膜の部分で「カンジダ真菌」が悪さを起こしてカンジダ症になってしまう訳です。

では、カンジダ症になった時はどうすれば良いのでしょうか。

カンジダ症の改善・治療には早寝早起きを心掛け、入浴時間・睡眠時間も十分にとって身体の英気を養うことが大切です。

大事な身体の事です。一人で悩んでいるのは得策ではありません。

専門家の意見を聞くことも大事だと思います。