やせたい!!

本人にとっては切実な悩みだったりします。

私自身、若いころはどちらかと言うとやせ気味で自分で言うのもなんですがスラっとしていた方です。(笑

若いころの不摂生のためもあって、今は、おなか周りを中心にお肉がずいぶんとだぶついています。

肉がつくのは簡単なのに、いざ落とすのは大変なのが世の常です。

一方で、病気をしたときに最後は体力と言うとき、少し太っていた方が良いとか理由のない妄想にしがみついたり。

ただ、太る原因が分かっていればやせる努力も間違えないですむはず。

そんなことを考えるのは決して間違いではなく、大勢の方がそう考えています。

では、なぜ太るのでしょうか。

基本的に、太る原因は体に脂肪が蓄積されるためです。

ではこの脂肪はどこから出来るのかといえば、摂取したカロリーが脂肪として蓄えられます。

ただ、カロリーは日々の生活で消費されるものです。

したがって、摂取するカロリーが消費するカロリーより多いと余った分が脂肪と言う形で体内に蓄積されるわけです。

ところで、脂肪はどうやってカロリーとして消費されるのでしょうか。

インターネットで色々と調べてみました。

脳が脂肪の消費が必要だと判断すると、「アドレナリン」などのホルモンが分泌され、それによって脂肪を分解する機能がある「リパーゼ」と言う酵素が活性化されます。

その結果、脂肪は「グリセロール」と「遊離脂肪酸」に分解され、血液中に分配されます。

そしてこの「遊離脂肪酸」が筋肉によってエネルギーとして消費されます。

ただ、「遊離脂肪酸」が使われずに終わる場合があります。

そうすると、それは再び脂肪に変換され体内に蓄積されるのです。

ところで、単純に言うと摂取した脂質や糖質でエネルギーをまかなえる場合は、体内の脂肪は消費されません。

体内お脂肪を消費するには、体内でカロリーが不足した状況にならない訳です。

上に書いてきたことから、、太らないようにするためには下記のどれかを行えば良い訳です。

1.摂取するカロリーを少なくする。

2.カロリーの消費を多くする

3.摂取した脂質や糖質が体内に吸収されないようにする。

世間に出回っているダイエットの手法はこれらのどれかまたはいくつかを一緒に行うことで、実現しているわけです。

このうち、まず誰もが最初に行うのが、1.の摂取するカロリーを少なくするというものです。

ただ、この手法は、ダイエット中はともかくダイエット後に、もとの食事量に戻すと、元も子もなくなるということです。

摂取するカロリーが消費を上回る状況を改善しない限りは一時的な効果しかないからです。

いわゆるリバウンドです。

また、カロリーを消費するには、実はたんぱく質が必要です。

そこで、ダイエットのために必要な栄養素の補給がされないと、カロリーの消費が阻害されるケースもあります。

つまりダイエットの効果が出ないどころか、生命の維持自体が難しくなる場合があります。

とは言え、現代人は常にカロリー摂取が過多の傾向があるので、適切な管理をして摂取カロリーを落とし維持することは、意味のあることです。

次のカロリーの消費を多くするのは一般には運動を行うことで実現します。

ただ、運動を行う際にさらにカロリーの消費効率を高めて体内に蓄積された脂肪を消費しやすくする効果のある成分を摂取することも効果があることが分かります。

とは言え、そもそも体脂肪が消費される状況にならないと脂肪の減少まで行き着かないケースが出るため、ダイエット効果を感じることが難しいケースもあります。

最後に、3.の摂取した脂質や糖質をなるべく対外に排泄する効果のある成分を摂取することで脂質や糖質が体内に吸収されないようにする方法もあります。

食事制限や、運動を行う以外は、なんらかの成分をサプリメントやドリンクで摂取することが多い様です。

また、食事制限も断食などの急激な制限では問題があるので、急激な変化にならないように、たとえば普段の3食をうまく2食に減らして、食事を制限する工夫が最近のダイエット手法には多いように思います。

どうです?ダイエットの仕組み理解できたでしょうか。