ネットで探したおもしろ情報

ネットで探したおもしろ情報

ネットで探した情報を徒然にお届けします

記事一覧

産後の女性専用の育毛剤アンジュレ

アンジュレと言う産後の女性専用の育毛剤があるのは、ご存知ですか?

女性にとって髪の毛は命と言っても良いのですが、赤ちゃんを産んだ直後は、実は知らないうちに髪の毛が薄くなっていたという方が多いんだそうです。

赤ちゃんの世話で、そんなことには気付かなかったのが、ふと鏡を見たら髪の毛が抜けていた。

そう言う状況で知ることも多いんだそうです。

そこで、育毛剤をということになるのですが、まだ授乳中の赤ちゃんへの影響が心配になりますヨね。

そんなお母さんのための育毛剤がアンジュレなんです。

授乳中の赤ちゃんにも安心な成分だけを使用して、しかも育毛効果がある成分にこだわった育毛剤なんです。

ルナメアと言う化粧品をご存知ですか?

最近は、従来化粧品とは全く関係ないメーカーから、化粧品が販売される様になっていますネ!

しかも、先攻しているメーカーを追い上げるためにもキャッチコピーが洒落ている感じがします。

例えば、富士フィルムが販売している化粧品だと、毛穴を活かすスキンケア『ルナメア』なんて言うコピーが使われています。

最初見た時、ちょっと違う意味で、詰まった毛穴をキレイにする化粧品なのかなって勘違いしてました。

内容は後述しますが、それを知った時は、あ~なるほどと頷いていました。

富士フィルムと言えば、松田聖子さんと小泉今日子さんのCMでも有名になった「アスタリフト」と言うブランドも展開しています。

最近でこそ富士フィルムが化粧品を販売していることをご存知の方も多くなりましたが、個人的には物凄く違和感がありました(苦笑

今回話題にしている『ルナメア』は、お二人が宣伝していたのとは、また、違うシリーズの化粧品です。

『ルナメア』のサイトによるとお肌が疲れて見えるのは、肌に溜まった角質のせいだそうです。

なので、若い肌を保つ秘訣はこの角質を取り除いて必要な栄養分を補給することなんだそうです。

そこで、『ルナメ』ではフィルムの製造で培ったナノレベルの技術を活かして肌の有効成分をナノレベルに加工して毛穴を活かして肌に直接届けさせることを考えたのです。

毛穴を活かすスキンケア『ルナメア』の意味はそういうことなんですネ。

サプリメントについて調べてみました

サプリメントという言葉も普段の生活にすっかり定着してきました。

ところで、このサプリメントは、どんなものを指しているのかご存じですか?

サプリメントはもともと「ダイエタリー・サプリメント」を日本語に訳したものなのです。

そして良くサプリと略して使われます。

現在では日本でも多くのサプリメントが製造販売されています。

サプリメントのそもそもの目的は普段の食生活で不足しがちなビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養を補給することでした。

そこで、栄養補助食品のことを称してサプリメントと言うんですね。

日本で知られるようになったのは1990年代ですので、日本で使用されるようになってからでも20年位は経っています。

ですので今では中高年の方も健康維持のためにサプリメントを摂る様になっています。

サプリメント先進国のアメリカでは医療費が高いこともあって、1910年代にはビタミンがサプリメントとして販売開始されていた様です。

サプリメントは医薬品ではありません。

それでも、健康に影響を当てる可能性があるものですからラベルには含有成分の表示が義務付けられています。

利用する際は成分を確認して、上手に利用しましょうネ!!

カンジダ症の正体は?

カンジダ症の正体って何でしょう。

カンジダ症でかゆみが起こる原因は、カンジダ真菌によって膣炎が起きているからです。

一般に身体の中にある菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」という3種類に大きく分けられます。

普段は「善玉菌」である「カンジダ菌」が、カンジダ症の正体です。

その「カンジダ菌」が、免疫力が弱くなると悪い菌、つまり「悪玉菌」へと変貌するのです。

ただ治るとまた「善玉菌」として身体に常在する菌になる点が特徴です。

免疫が弱まるのはどういう時かご存じですか?

風邪を引いて長引かせてしまったり、病気になってしまったりした時はもちろんですが、長時間労働などでも免疫力が弱まることがあります。

睡眠不促も身体の機能を低下させますよね。

そういう状態になると、弱い粘膜の部分で「カンジダ真菌」が悪さを起こしてカンジダ症になってしまう訳です。

では、カンジダ症になった時はどうすれば良いのでしょうか。

カンジダ症の改善・治療には早寝早起きを心掛け、入浴時間・睡眠時間も十分にとって身体の英気を養うことが大切です。

大事な身体の事です。一人で悩んでいるのは得策ではありません。

専門家の意見を聞くことも大事だと思います。