ネットで探したおもしろ情報

ネットで探したおもしろ情報

ネットで探した情報を徒然にお届けします

記事一覧

バスロマン50週年企画プレミアム

バスロマンが発売されて50週年なんだそうです。

それを記念して、プレミアムをコンセプトに開発された『バスロマン プレミアム温浴』と『バスロマン プレミアムスキンケア』が数量限定で発売されています。

そんなプレミアムなバスロマンを買ってしまいました。

CIMG0315

左が『バスロマン プレミアムスキンケア』で、右が『バスロマン プレミアム温浴』です。

さっそく使ってみました。
(写真撮っていないので、お風呂に入れた状況は後日別途投稿したいと思います。)

最初に『バスロマン プレミアム温浴』を使ってみました。

実は、使う前に殆ど説明を読んでいなかったので、使ってから強烈な匂いに驚いてしまいました。

正体はおそらくショウガとトウガラシです。

他にもいろいろと配合されてるのですが、匂い(香りというよりも匂いだな。)はこの2つが基調になっていると思います。

説明には「ホットハーブの香り」とあるので、なるほど、まあそうかなと言う感じですが、イメージよりも強烈です。

ただ確かに温まるな思える匂いです。

次に使ってみたのは『バスロマン プレミアムスキンケア』で、こちらは肌に潤いを感じたい人にはピッタリでした。

匂いも肌ざわり感も非常に柔らかな感じがします。

この冬は、バスロマンで温まりますネ。

=> プレミアムな潤いがほしい方は下記をクリックして下さいネ。

ハイテクシャーペン

最近、シャーペンが話題なんだそうです。

2014年11月13日 09時10分
ITmediaニュース
「折れない」シャーペンに反響 “ハイテク”競争激化、打倒「クルトガ」へしのぎ

シャープペンシルの“ハイテク化”競争が激化している。ゼブラは12日、力を入れても芯が折れない「デルガード」を発売した。ぺんてるも0.2ミリの極細芯ながら芯が折れにくい「オレンズ」を今年2月に投入している。いずれもハイテク化で先行し、急速に売り上げを伸ばす三菱鉛筆の「クルトガ」の対抗商品。差別化しにくかったシャープペンに技術力で新たな付加価値をつける各社の取り組みは今後も続きそうだ。

気になってネットで調べてみました。

最初に商品化された「クルトガ」は三菱鉛筆が2008年3月に発売したシャープペンシルです。

内部のギアの仕組みで、字を書く際の筆圧によって芯が回転することで、芯の摩耗が円錐形になり、字が太くならずにいつも細いままと言うのが売りで、大ヒットになり、中・高校生の7割が持っているという人気ぶりなのだそうです。

このクルトガは普通のシャープペンシルが1本100円程度なのに対して500円ほどします。

しかも発売後5年で2000万本も売れているそうなのです。

これに対抗して、ゼブラやぺんてるが「くるとが」対抗製品を発売したというのが、最初に引用したITmedhiaの記事なのです。

エステサロンでは痩身ダイエットも可能なんです。

エステサロンというと脱毛のコースや美容のためのコースを思い浮かべませんか?

私もどちらかと言うとそうでした。

ただその美容コースの中に、ダイエットを目的にした痩身のコースも増えているんですネ。

そこでボディエステで体を引き締めることについて調べてみました。

美容のためや健康のために、様々なダイエットで痩せるよう取組みに挑戦する人がたくさんいます。

様々なダイエット方法が今、世間にはたくさんあります。

運動を主体としたダイエットや、単品の食事で行うダイエットもあります。

エステのダイエットコースはプロの施術で痩せることを期待する人が数多く利用しているんです。

もちろんエステサロン毎にダイエットコースの内容は様々で、独自開発のマッサージオイルやダイエット機器などを売りにしているところも多い様です。

エステでダイエットする一番のメリットは各自の体質や生活習慣に合わせてアドバイスを受けることができる点です。

効果的に痩せるための方法や自分自身にとっての適切なダイエット方法などを確認出来、今後のダイエットに役立てることが出来ます。

ただし、当然注意点もあります。

エステに行けば痩せることが出来るという気持ちでいては、なかなか効果が上がりません。

だってダイエットに取り組んでいるのは自分自身なのであって、あくまでもエステでの痩せる施術はサポートだとと割り切るくらいの気持ちが必要です。

エステで施術を受けた時に一時的にやせる効果があるのがエステでの痩せる効果だと思って下さい。

なのでダイエット効果を施術を受けた際の一時的なものにせず永続的なものにするためには、常時エステで施術を受け続けるのではない限り、その後の自分自身の努力が必要なのです。

でも、うまくエステの痩身コースを利用してダイエットに活かしましょう!!

やせたい!!

やせたい!!

本人にとっては切実な悩みだったりします。

私自身、若いころはどちらかと言うとやせ気味で自分で言うのもなんですがスラっとしていた方です。(笑

若いころの不摂生のためもあって、今は、おなか周りを中心にお肉がずいぶんとだぶついています。

肉がつくのは簡単なのに、いざ落とすのは大変なのが世の常です。

一方で、病気をしたときに最後は体力と言うとき、少し太っていた方が良いとか理由のない妄想にしがみついたり。

ただ、太る原因が分かっていればやせる努力も間違えないですむはず。

そんなことを考えるのは決して間違いではなく、大勢の方がそう考えています。

では、なぜ太るのでしょうか。

基本的に、太る原因は体に脂肪が蓄積されるためです。

ではこの脂肪はどこから出来るのかといえば、摂取したカロリーが脂肪として蓄えられます。

ただ、カロリーは日々の生活で消費されるものです。

したがって、摂取するカロリーが消費するカロリーより多いと余った分が脂肪と言う形で体内に蓄積されるわけです。

ところで、脂肪はどうやってカロリーとして消費されるのでしょうか。

インターネットで色々と調べてみました。

脳が脂肪の消費が必要だと判断すると、「アドレナリン」などのホルモンが分泌され、それによって脂肪を分解する機能がある「リパーゼ」と言う酵素が活性化されます。

その結果、脂肪は「グリセロール」と「遊離脂肪酸」に分解され、血液中に分配されます。

そしてこの「遊離脂肪酸」が筋肉によってエネルギーとして消費されます。

ただ、「遊離脂肪酸」が使われずに終わる場合があります。

そうすると、それは再び脂肪に変換され体内に蓄積されるのです。

ところで、単純に言うと摂取した脂質や糖質でエネルギーをまかなえる場合は、体内の脂肪は消費されません。

体内お脂肪を消費するには、体内でカロリーが不足した状況にならない訳です。

上に書いてきたことから、、太らないようにするためには下記のどれかを行えば良い訳です。

1.摂取するカロリーを少なくする。

2.カロリーの消費を多くする

3.摂取した脂質や糖質が体内に吸収されないようにする。

世間に出回っているダイエットの手法はこれらのどれかまたはいくつかを一緒に行うことで、実現しているわけです。

このうち、まず誰もが最初に行うのが、1.の摂取するカロリーを少なくするというものです。

ただ、この手法は、ダイエット中はともかくダイエット後に、もとの食事量に戻すと、元も子もなくなるということです。

摂取するカロリーが消費を上回る状況を改善しない限りは一時的な効果しかないからです。

いわゆるリバウンドです。

また、カロリーを消費するには、実はたんぱく質が必要です。

そこで、ダイエットのために必要な栄養素の補給がされないと、カロリーの消費が阻害されるケースもあります。

つまりダイエットの効果が出ないどころか、生命の維持自体が難しくなる場合があります。

とは言え、現代人は常にカロリー摂取が過多の傾向があるので、適切な管理をして摂取カロリーを落とし維持することは、意味のあることです。

次のカロリーの消費を多くするのは一般には運動を行うことで実現します。

ただ、運動を行う際にさらにカロリーの消費効率を高めて体内に蓄積された脂肪を消費しやすくする効果のある成分を摂取することも効果があることが分かります。

とは言え、そもそも体脂肪が消費される状況にならないと脂肪の減少まで行き着かないケースが出るため、ダイエット効果を感じることが難しいケースもあります。

最後に、3.の摂取した脂質や糖質をなるべく対外に排泄する効果のある成分を摂取することで脂質や糖質が体内に吸収されないようにする方法もあります。

食事制限や、運動を行う以外は、なんらかの成分をサプリメントやドリンクで摂取することが多い様です。

また、食事制限も断食などの急激な制限では問題があるので、急激な変化にならないように、たとえば普段の3食をうまく2食に減らして、食事を制限する工夫が最近のダイエット手法には多いように思います。

どうです?ダイエットの仕組み理解できたでしょうか。