ネットで探したおもしろ情報

ネットで探したおもしろ情報

ネットで探した情報を徒然にお届けします

記事一覧

木村拓哉さん主演「アイムホーム」の第3話 ネタバレ!?

木村拓哉さんが主演の「アイムホーム」が今週第3話まですすみました。

ネットなどでは視聴率の発表なども有り、話題になっていますネ。

第3話ではキムタクが演じる久が別れた前妻である野沢香の父の法要に参列します。

そこで親族たちが「久は香と打算で結婚し、価値が無くなって離婚した」という噂に

愕然とするという展開でした。

この「アイムホーム」の原作は、『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で、

1997年7月から1998年12月まで連載された石坂啓さんのコミック

「アイ’ムホーム」を原作にしているんですネ。

本来「アイ’ムホーム」と「’」が入っているんですが、ドラマに合わせて

コミックの方も「アイムホーム」にした新装版が発売された様です。

もともと原作では銀行員という設定だった主人公ですが、今回のドラマでは

舞台が証券会社に変わっています。

そして、記憶を失ったのも単身赴任中のアパートの火事から工場の爆発に

巻き込まれた設定に変わっています。

幾つか原作とは設定が変えられているようですが、大筋は同じということでしょうか。

公式サイトでは第4話の予告編も掲載されている様です。

実は今回初めて知ったのですが、この「アイムホーム」は、2004年に一度NHKでも

ドラマ化されていたんですネ。

その時は、家路久さんやくに時任三郎さん、前妻の清原カオルに紺野美沙子さん、

そして現在の妻家路ヨシコさん役は戸田菜穂さんが演じられていました。

視聴率が下がってきていることが話題の「アイムホーム」ですが、そもそもの原作は

なかなかの傑作だと思います。

私としては今後の展開が楽しみです。

杏「花咲舞」が帰ってくる!!

  • 投稿 2015/03/27 
  • ドラマ

あなたは『花咲舞』をご存知ですか?

2014年4月に日本テレビ系で放送された池井戸潤原作の連続ドラマ「花咲舞が黙ってない」の主人公ですネ。

女優の杏さんが主役をしていたので、ご存知の方も多いと思います。

その「花咲舞が黙ってない」の続編が今年の7月に放送されることがわかったということで、ネットやスポーツ各紙で話題になってます。

ドラマの公式ツイッターでも、水曜ドラマで帰ってくるとツイートされていました。

また公式サイトも立ち上がったようです。

http://www.ntv.co.jp/hanasakimai/

このドラマは、期間平均視聴率がビデオリサーチの調べでは関東地区で16・0%だったんだそうです。

実はこれって民放で連続ドラマの視聴率第3位だったんだそうです。

その人気ドラマが帰ってくるのですから見逃せませんね。


花咲舞が黙ってない DVD-BOX

あなたは無駄な傷害保険掛けてませんか? - 5倍は得する『傷害保険の受け取り術!』

5倍も7倍も違うんだそうです。

え、何が!?

傷害保険で受け取れる保険料の金額の差なんです。

私自身は、全く保険に興味がなかったんですが、これ見たと時はさすがにビックリしました。

傷害保険なんか掛けてないという場合も多いですよね。

ケガなんてしないよって思いますしね。

でも、仮にケガをした場合に、保険に加入していたとしても、もらえる保険料が7倍も違うんだそうなんです。

なにも知識がなかったら9万くらいしかもらえないのに、保険の知識を持つだけで、60万以上も受け取れるっていうんですよ。

しかも、違法なことをしているわけでも、保険会社から恨まれるわけでも無いっていうんです。

特に、お子さんがまだ小さい場合には、こう言った知識があると良いかもしれませんよね。

この知識を販売しているのはレッキとした看護師さんだそうなんです。

上の金額の例は、ご自身の息子さんのケガで受け取った保険料の話なんだそうです。

もともと看護師さんなんで、子供のケガなんて自分で直してあげるくらいの思いだったようです。

ただ、実際に同僚のかたが子供のケガで業務を休まざるを得なくなるのを見て、保険について勉強されるようになったんだそうですヨ。

まずは、下記のアイコンをクリックして飛んだページで説明されていますので、興味があれば、ぜひ訪問してあなたの目で確かめてみてください。


メールが届かない!?

今日、いつもの様にブログを観ていてふとこんな記事を目に止めました。

メールが届かない!? - メルマガアフィリエイトでメールが届かないなんて

最近、メルマガアフィリエイトをしている方々の間でメールが配信されない、迷惑メールになっちゃってるという話があるようです。

しかもどうもGmailから詐欺メールの警告が来ているとか。

メルマガフィリエイターの皆さんからするとメールが届く届かないは本当に死活の問題でしょうから、いち早く解決されることを願います。

これは一概にメール配信スタンドの問題では無いところにポイントが有ると思うんです。

メール配信スタンドは、大勢の人が共有する仕組みなんで、誰かがマナー違反をしていると、すべての人に影響する訳です。

なので、メール配信スタンド側もある意味大変だと思います。

このブログでも書かれていますが、解決には時間がかかりそうですネ。

もし短縮URLが問題だったとしても、メールスタンドによっては複数のドメインを選択可能になっている場合があるので、どのドメインが問題になっているのかを突き止めなければいけません。

また、IPアドレスレベルでの判定なのかドメインレベルでの判定なのかを確認する必要があるでしょう。

さらに色々と調査が必要なことは簡単に想像できます。

そうして調査が出来てから対策を打つので、解決にはそれなりに時間が必要になるわけです。